×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

川井太郎の骨盤ゆらゆら体操

川井太郎の骨盤ゆらゆら体操とは?

 

インターネットや雑誌、TVショッピングで大人気の【背筋がGUUUN!美姿勢座椅子】

 

背筋GUUUNこの腰痛に効果がある美姿勢座椅子GUUUNの
開発監修者であり、川井筋系帯療法治療センターの
川井太郎院長が開発した骨盤ゆらゆら体操

 

これまでに有名健康雑誌「わかさ」「安心」「健康」
「はつらつ健康」などでも紹介され、
書籍「腰痛・股関節痛・足のしびれが消える
「骨盤ゆらし」や「腰痛が治るのはどっち?」にも
掲載されていて大好評の骨盤ゆらゆら体操が待望の動画版になりました。

 

 

 

骨盤ゆらゆら体操

 

川井太郎の骨盤ゆらゆら体操で学ぶ腰痛に関する正しい知識とは?

骨盤ゆらゆら体操

このサイトの管理人の私も含めて、腰痛で病院や整骨院に通っても一時的に痛みは治まっても、またすぐに痛みがでてくる、医者は最後は、手術をすすめるが、できれば身体にメスを入れたくない、手術で完治する保障はない・・・と悩んでいる方は少なくないと思います。ここでは、川井太郎の骨盤ゆらゆら体操DVDの補助テキストの中で解説されている一部を紹介します。

 

◆なぜ病院や整骨院で腰痛が治らないのか?
腰痛で苦しんでいる方は、これまでも整形外科や整骨院あるいはマッサージと、治療や改善法を試みてきたと思います。そして病院では様々な病名を言われていると思います。「脊柱管狭窄症」「腰椎椎間板ヘルニア」「腰椎すべり症」「仙腸関節機能障害」「梨状筋症候群」「筋・筋膜性腰痛」そして「坐骨神経痛」「ぎっくり腰」などです。

 

この「病名」というのは、単に「こういう症状だから、こういう名前だよ」という分類だけで、腰痛の根本原因に焦点を当てているわけではありません。

 

また、腰痛というのは、おじき 、御勝手しごと 、顔を洗う 、靴下を履く 、椅子から立ち上がる 、布団から起き上がる などの特定の動きによる腰への負担が原因です。 (※内臓が原因の腰痛は除く)
これらの動作を繰り返し行う事で腰に負担がかかり、腰痛に発展していきます。

 

◆腰痛改善には、正常な骨盤の位置を保つことが大切
正常な骨盤というのは、水平に近い状態が取れていて、背骨が乗っている状態です。
そして、骨盤を支える足の付け根(股関節)の角度は左右対称が理想です。

 

この骨盤が斜めだったり、ねじれ込んだりしていると、上に乗っている背骨の配列も真っ直ぐではいられません。
真っ直ぐの配列ではない状態の背骨は、ブロック状の骨に狭い所が出て神経を圧迫して痛みが出ます。 特に、股関節のバランスが悪くなると、上に乗っている骨盤にねじれ込みが発生します。
その原因は、体の土台となる、腰椎(背骨の腰部分)、それを支えている股関節部分筋肉が引っ張り合いを起こして、神経を圧迫するような歪みを引き起こし、痛みが出るということです。

 

骨盤や背骨の歪み方によって、負担のかかるところが違うので、それぞれ別の症状が出てきます。

 

病院では、その症状によって病名がつくだけで、医師が原因を正しく判断していることが少ない状態です。

 

◆腰痛の中の85%は、原因がはっきりしない
腰痛で病院や整骨院に行っても、実際に痛みを感じる部分は分かっても、なぜそこに痛みが発症しているのかを、追求しきれないのが現状です。
なぜ追求しきれないのかというと、
・体の歪み
・骨盤の傾斜
・ねじれ込み
・背骨の配列が悪くなる股関節の支えが悪くなる

 

上記の、腰痛の原因に結び付く基礎研究が深くなされていないからです。

 

こんなふうに、間違った腰痛の知識をわかりやすく解説しています。
もちろん、DVDでは川井太郎先生の生の声でもっとわかりやすく解説されています。

 

川井太郎の骨盤ゆらゆら体操の公式サイトはこちら